30歳、歯の矯正をしたい【16年ぶりの歯医者さん記録:2日目】

前回、虫歯治療さえしてもらえなかったのですが

治療の2日目、どのような治療をしてもらえるのだろう。

楽しみにしながらも、今日もビビりながら目的の歯医者さんへ向かいます。

目次

やっぱり歯医者は怖い

僕の行く歯医者さんは多くの子どもが通っているようです。

この日も待合室で待機していると、治療中の男の子か女の子・・・。

どっちかわからないけど、叫び声が聞こえます。

「うわああああああん!!!」

あげぱん

うおー・・・、怖い・・・。

デジャヴです。

今日もまた、ビビり発動。

僕の手はしっとりと汗ばんできました。



いつになったら、歯医者って怖くなくなるのでしょうか。

2日目の治療内容

2日目の治療は、

・虫歯を2本削る

・歯石掃除を行う

・削った歯の詰め物

という流れでした。

辛かったのは歯石掃除。

歯茎をチクチク、ガリガリして汚れを取ってもらうのですが、

地味に痛いを30分ほど我慢しなければならず、

痛みでずっと変顔になっていたと思います。

治療費は2000円強。

歯医者って意外と高いのね。

虫歯治療はドリルの音だけが恐怖(痛みはなかった)

ドリルで歯を削られるのは、実に16年ぶりです。

心の準備が整うまでに時間がかかる・・・。

そう思いながら、治療前に先生から話を聞きます。

先生

「どうしても、痛かったら左手をあげてください。」

あげぱん

「え、左手・・・ですか?」

先生

「はい。右手をあげられると私の顔にあたりますので。」

あげぱん

「あ、なるほど。そうですね・・・。あはは。」

こんな感じで虫歯治療が始まったわけですが、、、

あげぱん

全然痛く・・・ない!

ドリルの音に最初はドキドキしたものの、まったく痛くありませんでした。

ビビりすぎてごめんなさい。

みなさん、虫歯治療

全然怖くないですよ。

地獄の歯石掃除・・・エンドレス“チクチク”

虫歯治療が終わると今度は歯石掃除です。

前回もやってもらったときは少しチクッとする程度だったので、

今回も同じぐらいかな?と思っていましたが、

今回は一味違いました。


(チクチク)

(チクチク・・・ガッ!ガッ!ガリッ!)

耐えられないほどではありませんが、顔が歪むぐらいの痛みがずっと続きます。

(チクチク・・・ガッ!ガッ!ガリッ!)

前回の終わりに先生が「今日は表面の汚れだけ取りました。次はもっと奥までやりますね。

と言っていたのですが、

「痛いから覚悟しておいてくださいね」っていう意味だったんだなと、このとき理解しました。


左手をあげるぐらい“どうしても無理”というわけでもなく。

早く終わることだけをずっと祈りながら治療を受けていました。

本気で思ったのが、


汚れをため込まないためにも

「歯医者は定期的に行ったほうが良い。」

まとめ:2日目の治療を終えてみて

歯医者は定期的に行こう

僕みたいに、

16年ぐらい放置している人がいるのであれば声を大にして言いたい。

いますぐ歯医者に行こう・・・!!

そして、定期的に通おう…!!!

ちゃんと歯石掃除を定期的にしていると

地獄のような思いはしなくて済んだのかもしれません。

治療費が意外と高い

1日目はレントゲン有りで4000円弱かかり、

2日目はレントゲン無しで2000円強持っていかれました。

僕の場合、歯の状態を考えると長期戦になるのは間違いないです。

お金がぶっ飛んでいきます。

あと、何回治療することになるのでしょうか。

目的は歯列矯正ですが、

いったいいくらお金がかかるんだ・・・。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして
あげぱんです

『人生なんとかなる』がモットーのサラリーマンエンジニアです


“幸せに楽しく生きたい”

30歳から全力で人生を謳歌するべく、
いろいろチャレンジしていきたいと思っています。

みなさまにも僕の幸せをお裾分けをしていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる