未経験でプログラマーを目指している人必見!プログラマー歴6年目の年収を公開します【関西地区・副業収入無し】

ヴォーイ
ヴォーイ

プログラマーって実際のところ年収ってどれぐらいなのよ!

ヴァーイ
ヴァーイ

激務のわりに安月給なんでしょう!?

こんにちは

あげぱんです。

私ごとではありますが、

プログラミング未経験で現在の会社に転職して、5年という月日が経ちました。

「プログラマーとは激務であり安月給である」というイメージが強いと思います。

事実、僕はそう思いならが、”IT業界”に飛び込みました。

そんな僕の現在の年収がいくらなのか。

そして、IT業界のイメージは覆ったのか。

全てをさらけ出します。

プログラマーを目指している方は今後の参考にしてみてください。

目次

年収を公開

6年目あげぱんの年収(3,312,000円)

年収:3,312,000円

[内訳]

1ヵ月の総支給:約226,000円

1ヵ月の手取り:約180,000円

+残業(1h 約1,200円)

賞与:夏期15万、冬季45万

※年収は残業代を除いた状態です。

1年目あげぱんの年収(2,316,000円)

年収:2,316,000円

[内訳]

1ヵ月の総支給:約193,000円

1ヵ月の手取り:約146,000円

+残業(1h 約1,000円)

賞与:無し

※年収は残業代を除いた状態です。

年収まとめ

バラつきがあるので、残業代を省いた状態で年収を計算しました。

1年目と比べると”賞与”、いわゆるボーナスが大きく変動するポイントです。


その他の変動としては、基本給と各種手当が1年目と比べて3万円強UPしています。

仕事は激務なのか

仕事はそこまで激務では無いです。

一番忙しかったのときでも、2ヶ月間終電(23:30頃)が続いたぐらいで

今まで徹夜は一度も経験していません。

土日出勤も数える程度です。

「プログラマー=激務」というイメージがあったので、これはいい意味で裏切られました。

「先月の残業200時間超えたー( ;  ; )」

という同僚もいたので、現場によりけりではありますが、、、

200時間は余程のことがない限り超えません。

20日間、毎日8時間の残業をしたとしても160時間です。

土日も出勤してようやく200時間・・・








(え・・・?200時間って改めて考えるとヤバいやん・・・。)




えっと、はい。

残業代だけで普段の月給を上回ったそうです。

すごいですよね。

あげぱんの経歴・職務内容・その他情報

どういう経歴なのか、どういう仕事をして給料を貰っているのか。

経歴

25歳まで:某携帯ショップで携帯を販売するも、クレーム対応能力が皆無で辞める

25歳:プログラミング未経験で大阪の40人規模の会社に就職

30歳:いつの間にか5年という月日が流れる

仕事内容

地方の自治体に派遣されて、業務システムの維持管理を行っています。

簡単にいうと、システムの機能改善やバグの修正などです。

5年間ずっと同じシステムの面倒を見続けています。


基本的にはプログラマーですが、システムの設計も行う時があるので

SE(システムエンジニア)としてお仕事をする場合もあります。

少し具体的に言うと

  • 設計
  • 製造
  • テスト

お客さんが求めている機能はなにかを聞き取り、設計する。

設計書をもとに、製造してちゃんと動作するのかを検証する…。

ざっくりこんな感じの仕事です。

モノづくりがメインですね。


それにしても、”SE”って響きがカッコ良いですよね。

「仕事はなにしている…」

「SEです!!!」

と、奥さんの両親に食い気味で挨拶したことを思い出します。

プログラマー年収まとめ

僕の年収、いかがだったでしょうか。

「これだけしか貰えないのか〜」

「思ったより貰えるんだな」

みなさんはどう思いましたか?

僕個人の感想ですが、給料についてはイメージ通りでした。

が、仕事内容のイメージは良い意味で覆りました。


年収についてですが、僕の場合”平凡”に5年を過ごして今の額です。

与えられた仕事をただただ消化する日々…。

もっと上を目指せたかと思うと、もったいないことをしたと後悔しています。

プログラマーにとって、職場は”学校”です。

勉強ができる最高の場所なので、やればやるほどスキルが身につきます。

言うまでもないですが、プログラミングスキルはお金になります。

(僕はまだこのスキルをうまく活かしきれてはいませんが、いずれ証明します。)


この業界への就職は、身動きが取りにくくなるのも事実としてありますが、

「プログラミングの独学は厳しいよ〜」という方へはオススメできる仕事です。

夢と希望が詰まった世界へ、是非みなさんもお越しください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして
あげぱんです

『人生なんとかなる』がモットーのサラリーマンエンジニアです


“幸せに楽しく生きたい”

30歳から全力で人生を謳歌するべく、
いろいろチャレンジしていきたいと思っています。

みなさまにも僕の幸せをお裾分けをしていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる